自由に生きるために奔走する毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 J1昇格プレーオフ決勝戦

プレーオフ決勝を国立まで観に行ってきた。

同じJ2後発組、そしてスンジン・西嶋の前所属ということで縁を感じたので、徳島ゴール裏にお邪魔させて頂いて。しかしながらレプユニもタオマフも持ってないしチャントも全然わからないので隅っこの方にひっそりと。寒いのでブランケットと手袋はうちのやつで許してねって感じで。同じ青系統なので...




サポーターの数は徳島のほうが多かった様子。チケットがアウェイ側指定だけ土曜の時点で売り切れてたし、見た目にも青が多かった。まあ初昇格がかかった徳島の方が気合入るのは当然かもしれないけれども。

試合はうちに負けるときの京都、悪い時の京都そのままだった印象。繋いでばかりで最後のパスがなかなか出ない。サイドからえぐっても最後はゴール正面の選手にボールが出してくることが殆ど。ボールを奪っても追い抜いていく選手が少なく、横パスばかりで速攻にならない。遠目からシュートを打たない。ロングボールを蹴らない。

これに対して、徳島は前半はあまり前に出ることをせず千代反田を中心にゴール前をしっかり固めてきた。勝たなければならないにもかかわらず。ドウグラスをケガで欠いたせいなのか、割り切った京都対策なのか。しかしこれが奏功してチャンスを何度作られてもゴールを割らせず、逆に少ないチャンスからセットプレーとカウンターで2得点。前半でほぼ試合が決まってしまった。

こうなると京都は辛い。セットプレーに強みがないし、パワープレー要員も居ない。そもそもそういうサッカーをしないのが大木サッカー。後半徳島が前に出てきてスペースができた時に1点でも返せればあるいは、といったくらい。でもあの時間帯はむしろ3点目取られなくて良かったねという状況だったように思う。

リーグ戦では上位に来られても、一発勝負向きではないよね大木サッカー。引き分けでいいのにガンガン前に出てきちゃうんだもの。

攻勢に出ているからといって決して優勢であるわけではなくむしろそういう時間帯に失点することが多い、というのが(素さんの総括にあったように)今期の横浜FC。特に前半戦。今日のPO決勝はまさにそういう試合だった。こういう試合を勝ち上がるには強引にでも前を向いてシュートを打てる選手が必要だな、と思った次第。ダヴィとか千葉の田中みたいな。もしくは松本レベルの強力なセットプレー。


徳島は本当におめでとう。四国初J1ということでリーグ全体が盛り上がるといいな。
「4位からの昇格」って聞くと去年を思い出してムキーってなるけどな!!!

にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト

Jリーグ明日開幕!!!

Jリーグ2013シーズンがいよいよ明日開幕する。J1は今年も突出したチームがなく混戦になりそうだ。J2はガンバがどこまで勝ち点を伸ばすのか、逆に足踏みさせることができるのかに注目が集まる。

J1はマガ、ダイともに浦和優勝予想。3強は浦和・鹿島・柏の3チームとなっている。戦力で言えば浦和、ACLを考慮すると鹿島、といった感じだろうか。まあ順当な予想だ。自分でも予想してみるならば上位3チームはこう。




1位鹿島
2位
3位広島

優勝は鹿島。やはりACLがないというのが大きなアドバンテージ。代表もサブに岩政と本田(拓)が呼ばれることがあるくらいで影響をあまり受けない。さらにJで連覇経験もあるトニーニョ・セレーゾが監督就任ということで、昨年のような低迷は考えにくい。補強はなんといってもダヴィ。大迫とは相性がよさそうだ。そして野沢の復帰と中村(充)の加入。これで中盤は充実してくるだろう。例によってダヴィが徹底マークされてキレて退場することがあるかもしれないが、それで大崩れすることはないと思う。怪我人が続出する事態にならない限りは鹿島が優勝するだろう。ダヴィが爆発すれば早い段階で首位になる可能性も。

二位は柏。圧倒的な外人力。レドミとワグネルは今のJでは突出している。新加入のクレオもACLで点を獲ったことで波に乗りそうだ。スゲを中心とした守備陣もキムチャンスと鈴木の加入で安定感が増すはずだ。問題はネルシーニョのこだわってる3バック。ACL対策らしいが、今のところパっとしない印象。まあゼロックスにしてもACLにしても通して試合を観たわけじゃないので記事で見た印象でしかないが...これに固執すると中位に沈む可能性もある。

三位は広島。森脇は抜けたが大きく戦力ダウンしたようには見えない。大きく戦力アップしてもいないが、それが奏功するかもしれない。対策は打ってくるにしても、広島徹底マークといった感じにはならないだろう。そうなれば安定した力があるので上位には入ってくるのではないだろうか。不安点はACL。選手層に難があるので、怪我人や疲労が怖い。

続いてJ2。プレーオフ圏内は両誌ともにガンバ、京都、千葉、神戸、横浜FC、東京Vとなっている。








順位ダイマガ
1位ガンバガンバ
2位千葉京都
3位神戸神戸
4位京都横浜FC
5位横浜FC千葉
6位東京V東京V

やはりガンバが圧倒的前評判。積極的に2位以下を予想する理由が今のところ見当たらないというのが正直なところだろう。2位以下は人によってバラバラだが、1位だけは8割方ガンバ予想だ。しかしそれでは面白くもなんともないのでなんとか包囲網を作ってJ2の深淵を味わっていただきたいところ。ゆっくりしていけよ!

2位はどこが来てもおかしくない。予想はとてもむずかしい。栃木や徳島の可能性だってある。ガンバが突出してるのはもう認めざるをえないとしてもあとは大きな戦力差はないから。

ちなみにうちを自動昇格圏内に予想しているのは...












名前予想順位備考
三浦淳寛2位元横浜FC
玉乃淳2位元横浜FC
後藤健生2位サッカージャーナリスト
浅田真樹2位スポーツライター
平畠啓史2位DonDokoDonのサッカー好きな方
マッチデーJリーグMC
佐藤拓也1位水戸担当記者(元横浜FC担当記者)
鈴木康浩2位栃木担当記者
上岡真里江2位東京V担当記者
和田りつこ2位りっちゃん
島田徹2位北九州担当記者

といった感じ。1位予想はサトタクだけだが、2位に推してくれる人がこんなに居るのは有難いこと。素さんの目標はあくまで優勝だけれども。

優勝、というと横浜FCと言わざるを得ないので6位までを順不同で予想する。こんな感じだろう。

横浜FC、ガンバ、京都、千葉、栃木、徳島

神戸と東京Vはやらかしそうな気がしている。

にほんブログ村 サッカーブログへ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
PR広告
FC2動画
プロフィール

ykhmfst

Author:ykhmfst
プログラムとその周辺技術、Web技術、ゲーム、4コマ漫画、サッカーと横浜FC、そして自由のために奔走する日々を徒然と


最新記事
過去の書庫
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ
J2白書〈2013〉
J2白書〈2013〉
J’s GOAL J2ライター班
東邦出版 2014-01-23
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。