自由に生きるために奔走する毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜FCシーガルズ 皇后杯神奈川県予選3回戦(vs大和シルフィード) #yokohamafc

皇后杯神奈川県予選の初戦


この日は天皇杯もあったので
皇后杯11時@横須賀リーフ
天皇杯18時@ニッパツ三ツ沢(開場16時)
という順でハシゴする形。シーガルズがスカっと勝った流れでトップも大勝、素晴らしい日曜日にという目論見...ではあったのだけれどもね。なんとも。

会場の横須賀リーフスタジアム。スタンドがあって、屋根も付いてて、とても良い施設。見やすい。


対戦相手は神奈川県1部リーグ所属の大和シルフィード。昨年はシーガルズも県1部だったので対戦があり、これを大差で破っている(○8-0)。ただし、昨年対戦したのは「ジュニア選手中心」の〈大和シルフィード1998〉で、今回は「なでしこ参入を目標に3月に設立されたトップチーム」の〈大和シルフィード〉。甘く見るには危険なチームだ。

先発はこんな感じ

GKは若干怪しい。もしかしたら21番の浅利だったかも。

前半は終始圧倒する展開。フィジカル、スピード、止める・蹴るの技術といった部分で差があるのが見て取れ、シーガルズの方は当たられても簡単には倒れないしボールも取られない。そこから余裕が生まれるのでパスを受ける前に首を降って周囲を確認し、ダイレクトパスとトラップしてからの仕掛けをきっちり使い分けられる。キックが正確で何度も裏に抜け出してチャンスを作り出し、また、速度で勝るので一度で決められなくてもこぼれ球をどんどん拾って波状攻撃を仕掛けられる。といった具合。

開始5分で田中唯が2得点。立ち上がりそうそうにPKで先制し、その後すぐにゴールも決めた。15分ごろには牟田のシュートが決まり3点目。ペナルティエリア際あたりにこぼれたボールをシュート。キーパーの頭上を狙ったボールはきっちり枠を捉えた。シルフィードが早めの選手交代でDFラインに手を入れてきても勢いは止まらず、30分ごろには伊藤が立て続けに抜けだして決定機を演出、押せ押せムードの中、DFの田中景子までもが4点目のゴールを決めた。4点目もたしかこぼれ球を蹴り込んだんじゃなかったかな。

直後に、シルフィード99番(この試合、98と99が居た)のミドルで1点を返され4-1で折り返し。ただ失点も崩されたわけではなく、強いていて言えば寄せが甘かった・コースを切ってなかったという話になるのかもしれないけれども、危なげない試合展開に見えた。ここまでは。

後半戦メンバー。赤字が交代出場の選手。

公式では交代6人とアナウンスがあったので、GKは最初から浅利だったのかもしれない(あれっ?と思って近くで確認したので後半が浅利だったのは確か)。皇后杯は7人まで交代できるのだけれども、後半頭で枠使いきるってのはちょっと考えにくいし...

さて、後半は2分に失点。シルフィード11番のゴール。ピンチ!という感じでもなくぬるっと決められてしまった感じ。どちらかというと10分ごろのCKの方が危なかった。
逆にシーガルズの方は後半無得点。シュートを二度ポストに当てるなど、決定機は作ったのだが
大幅なメンバーチェンジが裏目に出たのか、シルフィードがHTでうまく修正したのか、開始早々の失点でメンバー間の意識にズレが生じたのか。技術的な差はそのままだったが、フィジカル面では五分くらい?球際で競り負けて、危険な位置でボールを奪われることもあった。4度あった決定機を一つでも決めてればだいぶ違った展開になっただろうし、差があったことも間違いないけれども、結果だけを見れば後半は0-1。特に最後の15分は雑なパスも散見され、チャンスらしいチャンスもなかったように思う。

試合は4-2で勝利も課題が残る内容。昨年決勝で敗退している皇后杯県予選だけに、しっかりと整備して次の試合に挑んで欲しいところ。20日の準決勝が県1部首位を独走している神奈川大、翌21日の決勝はおそらく昨年の覇者日体大サテライトだ。決勝、東戸塚FPで昨年のリベンジを果たして関東予選に進むためのお膳立てはできている。あとは結果を出すのみ。

...という流れで横須賀シーガルズJOYが上がってきたらすごい。昨年横浜FCシーガルズに所属してた選手が何人か居るらしいので、この姉妹対決が実現したら絶対おもしろいんだけどな~。ちょっとむずかしいかな~。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
スポンサーサイト

横浜FCシーガルズ 関東2部L第9節(vsつくばFCレディース) #yokohamafc

久々にシーガルズ


公式戦は初観戦。昨季、TRMはそこそこ行けたのに、いざ県リーグが始まると近場にも関わらず(J2と被るわ、忙しくなるわで)なかなか都合がつかなかった。今回は幸いにも予定が一切被らなかったので、なかなか結果のついてこないトップチームに少しでも勝ち運を引き寄せられないかしら、とオカルト的な願いを込めて行ってきた。

対戦相手は現在7位と降格圏に沈んでいるつくばFCレディース。前半戦はアウェイで2-0と勝利している。

先発はこんな感じ

道を間違えたため、辿り着いたのは前半20分過ぎ(試合開始は15:30)。1-0とリードしていている状況だった。

それ以降の試合経過を覚えている範囲で
公式によれば、絶妙なパスを通したのは山本。完全にGKと1対1になったのであとは流しこむだけだった。田中唯は今季3点目(たぶん)。そのまま2-0で前半終了。

東戸塚駅からFPまで歩くだけで汗だくになるくらいの暑さで、前半途中に給水タイムが取られるくらいだったにも関わらず、ハーフタイムにはこんな空模様に。降雨待ったなし。

田中(景)がバシバシと跳ね返し、出口も適時飛び出していたので危なげないように見えていたDF陣。後半始まってすぐに決定的な場面を作られた。ほぼゴール正面でGKと1対1という、田中唯が決めたのと同じような状況。幸いシュートが枠へ行かなかったが、ここで失点してたらわからなかった。

後半10分過ぎに選手交代。1得点の田中唯を下げて、牟田を投入。牟田は左SBに入り、左SBをやっていた佐藤が田中の位置へ。この交代で左サイドが活性化し、攻撃に勢いがついた。

左サイドを駆け上がってボールを受け、突破をしかけてコーナーをもぎ取った牟田。ショートコーナーから(多分)山本が精度の高いクロスを上げ、混戦になったところから最後は佐藤。いい時間帯での追加点。牟田は3点目のすぐ後にも、ドリブルとこまかいパス交換で左サイドから攻め上がり、さらには精度の高いクロスもあげていた。

3点目の後だったかな?中居が下がって塚本がそのまま同じポジションに入った。あと、この当たりで雨が降り始めたがポツポツと落ちる程度ですぐに止んだ。

ショートコーナーでのパス交換からキッカーの山本がシュート。枠を捉えていたがGKにはじき出された。さすが山本、キックの精度が高い。

後半30分ごろ。右SBの今井を下げて石原(美)を同じ位置へ。意図は不明。疲れが見えた?

この交代のすぐ後に4点目のゴール。見逃したためどういう状況から打ったシュートかは不明ながら、ふわっとしたボールが左のポストにあたって入ったのでなんか技ありっぽい。ループシュート?

なお、公式によれば決めたのは佐藤だそう(この日2点目)。直後のハットトリックのチャンスこそ逃したが、トップの位置に入ってからは存在感をみせた。裏に出たボールを飛び出したGKと戻るDFより先に触り、競り合いになってもキープしたのでなかなかフィジカル強そう。頼もしい。

試合は4-0で終了。5試合ぶりの完封勝利でがっちり首位キープ!次節は前半戦で唯一負けている尚美学園大との対戦なのではずみをつけて挑んでほしいところ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ

横浜FCシーガルズ 4/6 TRM(vs横浜FC Jr.Y) #yokohamafc

シーガルズと横浜FCジュニアユースのTRM(@西谷)を見学してきた。


ジュニアユースと女子チーム、という対戦は過去にも行われている。例えば昨年のホーム熊本栃木戦(2013/09/02)のエキシビジョンとして行われた「ノジマステラvs横浜FCジュニアユース(U-14)」。今年チャレンジリーグに昇格したステラと当時の2年生チームとの対戦だったが、結果は6-0でジュニアユースの圧勝。技術、スピード、体格すべての面でジュニアユースが優っていた。その後もステラはジュニアユースとTRMを組んでいるが、殆ど勝てていない。

2012/10/28 vs横浜FCU-13 ●1-5
2013/01/22 vs町田  U-14 ●1-3
2013/01/23 vs町田  U-14 ●2-5
2013/02/02 vs町田  U-13 ○3-2

そして、シーガルズはノジマステラより総合的には(今のところ)劣っているので、ジュニアユースとやると酷いことになるのでは...と正直思っていた。

しかし出てきたメンバーは明らかに子供。小さい。ジュニアユースとはいっても今日の対戦相手は新一年生チーム。つい先週まで小学生だった子たちだった。

1本目はこういう感じ。前線は若干配置が違うかも。少なくとも後半は2トップだったようだし。

開始/終了時間を見ると1本目は25分ハーフの前後半だったようだ。
まず驚いたのはジュニアユースの技術の高さ。体格面ではシーガルズの方が優っていたが、足元が正確で簡単に奪われない。あとアジリティが高い。足が速いしすばしっこいし判断が早い。(ものすごく主観になるが)新チーム発足から間もなく、戦術云々よりも行けるところまで行って詰まったら出しどころを探す、という風だったがそれが判断の早さを生んでいたのかもしれない。しかし実際のところそれで度々最終ラインの裏を取って危ないシーンを作っていた。また何人かの選手は1人でDFを交わしていた。数的不利をものともせず、二人来ても間を通して蹴りだし、走り合いになれば速度で勝って、クロスをあげていた。特に10番は背はめちゃめちゃ小さかったがシーガルズのDF陣を翻弄していた印象。10番背負うだけのことはある。

シーガルズ側も何度かチャンスはあった。ジュニアユースはガツガツ当たりに来ないので(体格で負けてるし)パスは割と回りやすかったように思う。前半16分に吉田(瑞)が抜け出しGKと1対1になったシーンや、後半12分に田中(唯)がGK前で2対1になったシーン、20分に同じく田中(唯)がDFを背負いながらシュートしたシーンなどは点が入ってもおかしくなかった。しかしここで決められなかったのが響いた。

一方ジュニアユースも決定的なシーンがあった。後半10分、裏に22番が抜けだして打ったシュートがポストに当たったシーンなどは完全にやられていた。13分にも裏に出され、GKと1対1になった。これはシュートミスで点にならなかっただけ、というシーン。また、後半20分にエリア外から打たれたシュートもかなり危なかった。吉田(麗)がファインセーブを見せたが、決まってもおかしくないいいシュートだった。

結局1本目は0-0で終了。

2本目はお互いメンバーを入れ替えての20分ハーフ。

なお、途中で3人交代している(全て後半頭から)

まず前半5分に失点。ジュニアユース最終ラインからポンポンと小気味よく繋ぎ、あっというまに前線まで運ばれたボールをそのまま決められてしまった。「まだ行かなくていい」と言ってるうちに繋がれ、ブロックを作る間もなくやられた印象。

シーガルズの方も後半に決定的なシーンがあったが決められず。GKが飛び出したがボールを捕れず、先に田中(唯)が触って奪ったものの持ちすぎてシュートを打てなかった。何も考えずに打ってたら多分入った。相手GKちっさいからね。

2本目で目立っていたのは13番石原。前半15分には中盤から迫力のあるドリブルで持ち上がってチャンスを作っていた。残念ながら得点には至らなかったものの、いい選手だなあと思う。素人目線では。

トータル0-1なので負けになるのかな。新一年生にならば勝って欲しかったれども、実際に試合を見るといたし方ないという気もする。さすがユースに入るだけあってみんな上手いよ...

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ

横浜FCシーガルズ 3/17 TRM(vsFC PAF) #yokohamafc

大阪へ行けなかった代わりにシーガルズのTRM(@西谷)を見学してきた。

対戦相手はFC PAF。関東リーグ所属だったが昨期に最下位となってしまい、先日の入れ替え戦でも敗退。今期からは東京都リーグ所属となる。神奈川県1部リーグ所属のシーガルズとは同レベルのチームだろう。先日の「横須賀サッカー協会女子委員長杯」でも0-0で引き分けている。


ぼんやりとした写真なのでわかりにくいが、今日からTRMユニが新調された。胸には横浜FCロゴ。背番号が公式の選手紹介と一致するようになったのがありがたい。今までは背番号1が二人居たりして誰が誰やらさっぱりだったからね...

1本目のメンバー
   1
22 5 18 24
7 15
11 14 19
9
GK吉田、CB田中(景)・中居、SB関根・鈴木。中盤のポジションは適当。フラットな位置からじゃよくわからなかった。高木と佐野が最終ラインの前に居たように思うが2ボランチだったかは怪しい。田中(唯)は1トップだったと思う。試合の方は過去2試合とは異なり、最終ラインでも中盤でもボールを回すことができていた。相手があまり寄せてこなかったからかな。CBから両サイドにふって、SBが持ち上がるかMFが受けるかした後、中に入れたボールが案外通ってしまう。多少相手を背負っても奪われることはないので、はたくかサイドに出すかして作りなおす。そうするとどこかが空くので、そこへ出せば...という感じに見えた。支配率は7:3か8:2くらいだったのではなかろうか。中でも吉田(瑞)が目立っていたが、その吉田が7分に先制ゴール。31分には鈴木も決めて2-0。鈴木のゴールは中盤からドリブルでかけ上がってそのままシュートだったかな。度々いい上がりを見せていたのが実った感じ。

2本目のメンバー
   21
24 5 27 23
7 19
13 16 25
9
GK上村?背番号見えなかったけど、1本目吉田・3本目出口だったから2本目は上村だったはず。CB田中(景)・長野、SB鈴木・宮脇。中盤の構成は相変わらず曖昧模糊。トップは田中(唯)。2本目も立ち上がりからシーガルズペースで4分に松野下のゴール。石原がゴール前で受けて落としたボールを決めたんだったかな。7分には石原もゴール。続いて12分にCKでこぼれたボールを田中(唯)が押し込んで3点目。この辺りから疲れからか前線へのパスが奪われるようになった印象。裏へ出しても合わなかったり。そんな中、PAFが20分頃に選手を二人交代。直後に失点。誰が代わるんだろう~と気を取られていたのでそこまでの流れがわからないのだけど、気がついたら左サイドの深いところまで来ていて、そこでSBかCBか着いていた選手が交わされて、そのまま中に切れ込んでシュート、だったと思う。2本目はそのまま3-1で終了。

3本目のメンバー
   26
22 27 14 23
15 18
25 16
11 13
GK出口、CB長野・牟田、SB関根・宮脇。中盤から前はかなり怪しい。右サイドに松野下が居たのは確かで、吉田(瑞)と石原は高い位置に居たように思うが、他はどうだったろうか... 試合の方は石原が度々いい位置で受けて攻撃のリズムを作っていた。しかしシュートがポストに嫌われるなどなかなか点が入らない。13分の得点もオウンゴールだった。コーナーかサイドからのクロスかがゴール前に入ったものの合わず、ゴールライン手前で相手DFがクリアしたのが、隣に居た選手にあたってそのままゴール。その後もシュートは打つもののファインセーブされたり、バーに当たったりして得点が入らず。3本目だけで3度バー&ポストを叩いたくらい。最後の最後に中居が決めて3本目は2-0。

35分3本で7-1と終わってみれば圧勝。
失点の場面以外で危ないシーンはなかったはず。裏に抜けそうな場面もきっちり寄せてボールを上げさせなかったし、CB前にスペースを作ってシュートを打たれることもなかった。押してることもあって、最終ラインが高い位置にあってコンパクトになっていたしね。今日は安心して観ていられた。このレベルのチームを圧倒できるなら、少なくとも県リーグは問題なさそう。皇后杯などのチャレンジ・なでしこのチームが出てくる大会でどこまでやれるか楽しみ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ

横浜FCシーガルズ スケジュール公開

横浜FC公式サイトにあるシーガルズコーナー
"comming soon"(原文ママ)となっていたスケジュールがついに公開された
ちなみに「試合日程・結果」は未だに"comming soon"(原文ママ)だ。誰も指摘しないのかな...

シーガルズのTRM情報は公式Twitterが出してくれてはいたが、けっこうギリギリ(前々日とか)だったので都合が付けば...という感じだった。今後は一ヶ月前くらいから情報が出るはずなので予定が立てやすくなるだろう。と、思い早速今月の予定を見ると、3試合TRMが入っている。17日、20日、24日...なんと全部J2開催日。20日はアウェイ草津戦と時間まで被ってるので厳しい。遠征予定だし。17日はアウェイガンバ戦、24日はホーム岡山戦(ともに16:00)。TRMの場所がLEOCトレセンで時間も午前中なのでなんとかなるかな。

なお、神奈川県女子サッカーリーグは去年と同じであれば4月の終わり、GW付近に開幕する。あと1月半くらい。県リーグだから全てホームのようなもので、気軽に観に行ける。J2と被りさえしなければ...

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
PR広告
FC2動画
プロフィール

ykhmfst

Author:ykhmfst
プログラムとその周辺技術、Web技術、ゲーム、4コマ漫画、サッカーと横浜FC、そして自由のために奔走する日々を徒然と


最新記事
過去の書庫
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ
J2白書〈2013〉
J2白書〈2013〉
J’s GOAL J2ライター班
東邦出版 2014-01-23
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。