自由に生きるために奔走する毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17節スタメン予想! #yokohamafc

3週ぶりのホームゲーム。3分の1(21試合中7試合)を消化してもいまだ達成できないホーム初勝利をいい加減達成してほしい。今節はそれだけ。

スタメン予想。

ジャンボの1トップ。中盤は左にうっちー、右にソンス、真ん中に中里とケンスケ2枚並べて1ボランチに松下。スンジンの出場停止でコマが足りなくなるので必然的に1トップかなあ。ソンス、中里、ケンスケは前節で良かったのでこの組み合わせで頭から観たい。最終ラインは左に西嶋、右に武岡、CBは森下と野上。井手口が駄目そう(怪我?)だしテホンはまだ完全じゃなさそうなので右SBはまた武岡に頼らざるを得ないだろう。GKは潤之介。

サブは永井、ノザ、寺田、高地辺り。

前節に感じた期待を勝ち点3という形で結実して欲しい。昇格を見据えるならばそろそろ崖っぷちだよ!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
スポンサーサイト

J2第16節(vs栃木SC) #yokohamafc

結果的にはスコアレスドロー。しかし過去2試合とは違い観ていてはっきりと期待が持てる内容だった。まあ優勝・昇格という目標に対して随分ささやかではあるけれども...



スタメンは久しぶりの2トップ2ボランチ。今いるメンバーをサポが好きなように並べたらこうなるんじゃないかというわかりやすい?スタメンとなった。

2トップはジャンボ&黒津。素人考えでは一番ありそうな組み合わせなのに一度もなかったので、素さん的に「なし」なのかと思ってた。中盤は左にうっちー、右に武岡、2ボランチに中里&ケンスケ。武岡がやっと定位置に復帰。松下が外れて、中里とケンスケの2ボランチ。最終ラインもようやく元の形に。左が西嶋、右が野上、CBに森下とスンジン。GKは引き続き潤之介。

目立ってよかったのは中里・ケンスケの組み合わせ、中里のミドル、途中出場のソンスによる仕掛け、最終ラインの安定性といったところ。中里とケンスケのコンビは明確な役割分担をせずに、臨機応変にやっていたように見えた。ボール配球やボールホルダーへの寄せ、こぼれ球の奪取、上がった選手のスペースを埋めるなどなど。松下が入って3人構成になってからはそれはそれで良かったのでうまいこと融合できれば。ソンスは今一番必要な積極性、多少無理しても仕掛けてチャンスを作れる(良い意味での)エゴがあると感じた。止められようが潰されようがガンガン仕掛けてシュートを打っていけばいい位置でのセットプレーも増えるのでどんどんやってほしい。昨期後半戦のカイオのように。

最終ラインはうまく守っていたと思う。栃木の選手には「守備組織がちょっと緩かった」などと言われてるけれども、決定的なシーンが2回あったのでやむなしか。それでも最後の最後で潤之介が駆け引きで勝って食い止めていたのはさすが。

次節はホーム札幌戦。今度こそ今度こそホーム初勝利を...いい加減そこは乗り越えたい。スンジンが出場停止になるのでせっかく戻った最終ラインが崩れるのは痛いところだけど。

スタ飯は定番の餃子。といってもスタジアムの外で買って行った奴。

しかし作りおきだったので...やはり焼きたてをお店の中で食べないとダメだね。

さて、今回から導入したスマホ。予想外にバッテリーが頑張った。近場の遠征で保たないようならポケットチャージャーを導入するつもりでいたがこれなら十分戦える。それなりの写真が撮影できるからコンデジも次からは要らないかな。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ

第16節スタメン予想! #yokohamafc

5月のラストゲーム、アウェイ栃木戦。好調の栃木が引いてくることは考えにくいので、中盤が噛み合えば点を取ること自体は過去2試合より難しくないように思う。早い時間に失点さえしなければ...最終ラインは全員そろうはずなので、1点を争う好ゲームになることを期待したい。

スタメン予想

エースジャンボの1トップ。中盤は左にうっちー、右に小野瀬、トップ下に期待を込めて永井を入れてみた。もっと長い時間観たい。わくわくするようなプレイを今一番魅せてくれそうなのが永井なので。ただ、フル出場は難しいだろうから、寺田/高地/カズあたりとどこかで交代にはなるだろう。栃木の攻撃力に対してスペースの空きがちな1ボランチは厳しいので2ボランチ構成。ケンスケと松下。どちらもボール奪取力に長けているので、奪ってからの素早いカウンターに期待したい。永井に渡ればチャンスだ。

最終ラインはフルメンバー。森下の鼻骨骨折はそんなにすぐには治らないものなのでフェイスガード付きにはなるだろうけれども、フィード力や統率力を考えたら外せない。GKはシュートストップ重視で柴崎。

サブは寺田、ノザ、カズ、高地、フミン辺り。

今節は久々にアウェイ遠征する予定。
宇都宮なのでスタ飯に期待がかかる!まずは餃子とビールだよね。
そしておみやげは勝ち点3で!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ

MVNO SIMでのスマートフォン運用を始めてみた

今まで無料通話分だけで賄えていたガラケーのパケット代が今年に入って溢れるようになった。原因はサッカー観戦の増加で、それもアウェイ遠征が増えたことが大きい。5月に入って無料通話の繰越分も使い果たす勢いだったので対策を検討することにした。

しかしデータ通信の用途は外出時の乗り換え検索やメールチェック、Twitterくらい。大したことはしていない。普段PCでやる作業の一部をPCから離れる期間代用出来れば良いだけなのであまりコストを掛けたくないというのが本音だ。

1.ガラケー+パケ放題
単純にパケ放題に入ってしまうパターン。一番安いプラン(キャップ付き従量課金)で契約した場合でもこのくらいのコストになると予想される。

最大:4,410円
過去3ヶ月の平均パケット数で換算:1,500円
※無料通話分適用外

無料通話が無駄になる上に、それなりにパケット節約を意識しても1,500円増しというのは微妙だ。

2.MNPしてガラケーからスマホに変更
恐らく一番安くなるパターンだ。2年ごとにMNPすることで極端な例では月3円で運用できることもあるらしい。ネックになるのが手間とバッテリー。MNPを繰り返すのが面倒なのと、大容量バッテリーに載せ替えても(ガラケーのように)1週間以上充電なしで運用することはできないのが不便。未だに電話連絡がメインなので頻繁に電池切れするのは割と困る。あと、キャリア変わると家族割とかその辺細々面倒なことが...そもそも些細なデータ通信用途のために電話用途を犠牲にするのでは本末転倒だ。

ということで「白ロムのスマホを買ってMVNO運用」という手段で行くことにした。キャリアと契約せずにMVNO SIMを指せばガラケーと二台持ちにできる上に月額コストを下げられるからだ。
月額1000円以下でスマホのパケ定が使える!格安SIM MVNO10社まとめ

通話はできないがガラケーがあるし、キャリア固有の機能(spモードなど)は使えないが最初から必要としていない。問題は速度。LTEで快適に使おうと思えば大体3,000円/月くらいはかかる。スマホ自体もLTE対応の端末が必要になり初期コストが上がる。逆に3Gに限定してしまえば安くなるが、最大200kbpsでは心許ない。

ここはだいぶ悩んだけれども結局BB.exciteの3Gプランにした。IIJ系のMVNOは最大200kbpsとはなっていても実際もうちょっと出てるそうだし、現在MVNO各社が鎬を削っているため将来的に速度が上がるんじゃないかという希望的観測も入れつつまずはお試しということで。

それにともない、スマホもLTE非対応のものを1万円弱で入手した。どれだけクリーニングされていても中古はちょっと嫌だったので新品。中古なら同じ値段でLTE対応の端末がいくつもあるけれどもここは譲れなかった。

トータルコストは2年運用計算で1,500円/月くらい。ガラケーの方が1,000円/月くらい安くなるので(データ通信不要になる分)、実負担増は500円/月くらいかな。

(スマホ端末価格 + MVNOの初期コスト)/24 + MVNOの月額

なお、2年なのは型落ちスマホだけど2年は持つかな、というか持って欲しいな、という気持ちを込めた結果。

さて、実際の速度。スピードテストではこんな感じ。

22時前という比較的空いている時間帯で240kbpsほど出ている。体感ではこれでもややもっさりしているかな。Twitterで文字はノータイムだけど画像は1画面分のサムネイルが全部出るのに10秒以上かかるくらい。まあこのくらいであれば特に問題ない。

最後に、MVNO固有の問題というかちょっと困ったこと。ファームウェアのアップデートがMVNO SIMではできなかった。全部ではなく一番最初に行われたアップデートだけ。以降のアップデートはバイナリが公式サイトにアップされていて、それをPCで落としてUSB経由で適用できるのだけど、初回パッチだけは「ソフトウェア更新」からしか当てられないという仕様になっていた。ところがアップデートサーバーに接続できず...Google先生に聞いたところdocomoのSIMでないと接続できないとのこと。

結局ドコモショップでSIMを貸していただけたので事なきを得た。しかしGoogle先生情報ではドコモショップも店舗によって対応がまちまちだそうで、全く話が通じない店舗や断られる店舗もあるそうなので油断ならない。最寄りのドコモショップは90分待ちと混雑した中、ほとんど待ち時間なしでSIMを貸し出してくれたので大変ありがたかったのだけど...ラッキーだっただけなのかもしれない。

OCN モバイル エントリー d LTE 980 標準SIMパッケージ T0003349OCN モバイル エントリー d LTE 980 標準SIMパッケージ T0003349


NTTコミュニケーションズ
売り上げランキング : 15

Amazonで詳しく見る by AZlink

↑導入が終わった翌日にベース速度アップ(100k→200k)を発表してくれちゃったOCN。LTEチケット(30MB/day)付きなので速度を気にするならば今はOCNの方が間違いなくお得。

J2第15節(vsギラヴァンツ北九州) #yokohamafc

攻撃がうまく行かない中、エアポケット的に先制したものの追いつかれてドロー。惜しいというよりは落ちていた勝ちを拾い損ねたという感じ。

スタメンはこうだったかな

1トップにジャンボ。中盤は左にうっちー、右に黒津、真ん中に寺田とカズ、1ボランチに松下。最終ラインは左が西嶋、右が武岡、CBに野上とスンジン、GKに潤之介という形になった。森下は間に合わなかったがスンジンが返ってきたのは嬉しい報せ。最終ラインが揃うまであと少しの辛抱...

序盤から我慢の展開。オオシと池元のFWコンビに渡が絡んで攻撃の形を作られ、受けに回る時間が多かったように思う。いざこちらのボールになってもそこから攻撃に至らず、出し手と受け手の呼吸が合わないパスがタッチを割ったり奪われたりというよく見る形で立て直す切欠を自ら手放していた。そんな状態なのでシュートらしいシュートも殆どなく、しかし北九州も最後のところの怖さがなく、どちらも点が入りそうにない中で生まれたジャンボのゴール。それまできっちり引いて守っていた北九州がなぜか上がってきた西嶋に簡単にクロスを上げさせてくれ、CBのナベともう一人はニアに引っ張られていたのでファーからズドンと。ラッキーな形?で先制点が生まれた。久々の公式戦にもかかわらず西嶋のクロスの精度が高くてびっくりした。

しかし勝ち切れない。リードしているのだからもっと落ち着いてやればいいのに、と端から見てると思ってしまうのだけど結果が出てない時はこういうものなのか。松下の不用意なタックルでファールを取られてFKから失点。前半はたびたびボール奪取してただけにもったいない。池元のドリブルは脅威だけれども。

追いつかれた後は点が入る気配はなく、というかいい形の攻撃すらなく、危険なシーンをかろうじて回避してなんとか負けなかった。ドローで済んだ。という有様。元所属選手の元気な姿を観られたことだけが救い。

次節は好調栃木とのアウェーゲーム。森下が復帰すれば最終ラインはようやく戻るけど、今はそこよりも中盤の運動量と連動性が課題かなあ。決して悪くはないけどなんか噛み合ってない。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ

第15節スタメン予想! #yokohamafc

北九州戦。お互いうまく行ってないチーム同士の対戦となる。今のところ3勝2分2敗とかろうじて勝ち越しているアウェイなのでなんとか勝ち点を拾っていい流れに持って行きたい。そのためにはまず、今季から北九州に加入してここ何試合かスタメン出場を続けているハチとナベにいいプレーをさせないことだ。間違っても恩返し弾など食らわぬように...

スタメンはこういう感じの予想で

ジャンボの1トップ。前節足を痛めた田原が難しそうなのと、黒津をペアにした2トップは素さんの頭になさそうなので必然的に。中盤は右に武岡、左にうっちー。真ん中にケンスケと寺田で1ボランチに松下。中盤で詰まってしまうのを打破するためにも武岡とうっちーを是非に。躍動感溢れるプレーが観たい。

最終ラインは左に西嶋、右に野上。CBは森下と渡辺のペア。月曜のTRMに出場していたそうなので今節こそ二人が復帰するはず。多分。森下はそのTRMで鼻骨骨折したらしく出場が危ぶまれているが、バットマン森下で頑張って欲しい。野上の攻撃力を活かしたい。具体的には野上&武岡のコンビを。最終ラインが本職に戻るのでGKは柴崎に。って先週も書いたなこれ。

サブは黒津、永井、ノザ、青木くん、フミン辺り。

今節も重要なのは先制点。失点数ワースト1位の北九州相手に先制できないようではお先真っ暗だ。何はなくとも先制点、それも前半早いうちに取りたい。ハチからボールを奪い、ナベを釣りだしてファーからジャンボのゴールとか。そういう綺麗な形でなくてもいいので。

HUBで美味しいお酒が飲めるといいなあ。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ

Webアプリ「マクドナルド計算機」価格データ更新

2013/05/07より実施されているマクドナルドの商品価格変更をマクドナルド計算機に反映した。

なお、今回変更があったメニューはこれだけのようだ(価格帯A Ver)







メニュー名変更前価格変更後価格
ハンバーガー100120
チーズバーガー120150
マックフライポテトS210150
シャカシャカチキン100120
マックシェイクS100120

ちなみにこのWebアプリ、現在3箇所に置いてある。最初にFC2にアップしたもののFC2のファイル管理は動作が怪しいのでDropbox(+site44)に引越し、そこからより便利なGoogleDriveへ再引越しした結果だ。これが実に面倒くさい。FC2は相変わらず更新しても反映されないし、site44とGoogleDriveは相対パスの仕様が異なるので同じhtmlを使えないと来てる...ということで10日も放置していてようやく手を着けた格好だ。

更新自体は商品情報の書かれたcsvを書き換えるだけなんだけどね

にほんブログ村 IT技術ブログへ

オレたちゲーセン族 バーガータイムオレたちゲーセン族 バーガータイム
PlayStation2

ハムスター
売り上げランキング : 20529

Amazonで詳しく見る by AZlink

犬動画紹介3

マラミュートかわいいよマラミュート。ハスキーじゃないよ。



ニコ動の「赤ちゃんと動物シリーズ」というタグで動画を探すのを日課としている。海外の動画(Youtubeからの転載)が多いのだけど、これは日本のものでオリジナルのようだ。

おでこを付けるのは挨拶?

J2第14節(vs愛媛FC) #yokohamafc

スコアレスドローでホーム初勝利は6月に持ち越し。しかし勝てなかったことよりも見応えのない試合だったのが残念だった。



スタメンはこういう感じ。

1トップに田原。スタメンは8試合ぶり。中盤は左にノザ、右に黒津、真ん中に寺田とケンスケ、1ボランチに松下。最終ラインはGKを含めて前節と同じだった。残念ながら西嶋と森下は間に合わなかったようだ。

前半の15分までに二回決定的なチャンスがあった。どちらも確か中盤でボールを奪ってからの素早い攻撃。ところが愛媛が修正を施し、5バックの形に引いてからは完全に停滞してしまった。ボールを下げること自体は必要なことだ。出しどころがないのに無理に縦に入れて奪われるのはリスクに見合わない。下げるだけで批判するのはおかしい。ただこの試合では下げることで状況は打開されず、かといってリスクを負ってチャレンジするわけでもなく、結果的にボールを持たされるだけで終わってしまった。これが見応えのなさの主因だろうと思う。マークを外したり、綻びを作ったりするために下げて組み立てなおしているはずなのに、素人目線ではプレーが機械的で動きも工夫もなく同じ事を繰り返しているだけに見えた。もっと声をかけて、動き直して、相手を見て、状況に応じてプレーを変えていくのが本来の組み立てではないのだろうか。草津戦、先制した草津が退場者を出して10人になったあと割りきって引いたのを全く崩せなかった。あの時から変わったように見えない。

前節では良かった武岡と松下のホットラインも不発。そもそも武岡が上がってもあまりパスが出てこずに狭い方のサイドばかり使われていた印象。武岡が下がって来たところではボールが入るけどそこで詰まって下げるしかなくなる。詰まるのはフォローがないのと、黒津との関係性が今ひとつだったせいかなあ。

ジャンボが入ってからは前線で起点が出来たことで盛り返したけど、最後のところではしっかり守られていた。永井は1分+ロスタイムでは見せ場も作れず。そりゃたとえメッシでも無理だよ...

次はアウェイ北九州。勝ち負けよりも希望の持てる試合を見たい。膠着状態を飛び道具で打ち砕くとか。今年はセットプレーがちっともチャンスにならないよね...


以下、一平くん。
この日のアウェイ売店は一平くんグッズが盛りだくさんで非常に魅力的だった。

×が付いてるので妄想TシャツのSとMは売り切れていたのかしら?(14:41撮影)
そして戦利品のフリーダムTシャツ。色合いもデザインも好み。

しかし一平の野郎はニッパツ三ツ沢に来てくれなかった。先日は町田まで来てたのに!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ

第14節スタメン予想! #yokohamafc

5月最後のホームゲームとなる愛媛戦。ホーム初勝利はもうここしかない。

今節のスタメン予想はとみに難しかった。

ジャンボの状態が良くないようなので1トップには田原。永井が出られるなら黒津・永井の2トップが見たい。しかし前節はTRMなしぶっつけ本番出場だったとのことで、まだスタメンはないかなあと。そうなると1トップになるので黒津ではなく田原。中盤は右に小野瀬、左にうっちー。トップ下に寺田で2ボランチにケンスケと松下。武岡はどうも難しいようだ。膝を痛めてからかなり無理をしてた節があるのでここらで休んで反転攻勢に備えてほしいところ。

最終ラインは左に西嶋、右に野上。CBは森下と渡辺のペア(西嶋と森下の復帰が濃厚とのこと)。野上をCBにして右は森本という選択肢もあるけれども、野上は攻撃面でも期待できるのでサイドに置きたい。ドリブルでどんどんしかけて欲しい。最終ラインが本職に戻るのでGKは柴崎に。

サブは黒津、永井、ノザ、青木くん辺り。

とにかくどんな形でもいいので先制点を取りたい。愛媛が3トップで前線からチェックに来るならば、松下と森下のフィードで飛ばして、うっちー・小野瀬がサイドで受けて仕掛けられる。両サイドのMFが引いて5バック気味になる前にアーリー気味に田原に合わせられれば...。そして寺田はどんどん遠目から撃って欲しい。止められてもいいから。徳島戦みたいにそのまま決まれば儲けものだし。

ホーム初勝利がここまで遠いとは思わなかった。しかし明日で終わりにしたい。そんなところで苦しんでいては昇格できないのだから。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ

本格麦焼酎「よかもん」

よかもんの麦バージョンも買ってみた。



クセがないのでストレートでもどんどん飲める。ささいなたよりもあっさり目かもしれない。ロックや水割りにすると薄くなりすぎるのでストレートが一番合うかな。しかしこれだけ飲みやすいと1.8lだとすぐなくなっちゃいそう。5lにすれば良かったなあ。

そういえばよかもんシリーズは実は店舗限定品らしく、酒屋にはあるけどスーパーや量販店では見たことがない。公式サイトに載ってないのもそれが理由?

にほんブログ村 酒ブログへ

ちなみに近所の酒屋はこれより4割ほど安かった。ネットだと高いね。
【販売ルート限定品】麦焼酎 よかもん麦 25度 5L (岩川醸造)限定品【販売ルート限定品】麦焼酎 よかもん麦 25度 5L (岩川醸造)限定品


岩川醸造

Amazonで詳しく見る by AZlink

J2第13節(vsアビスパ福岡) #yokohamafc

ホーム初勝利にはまたしても届かなかった。これでホームは2分4敗(3連敗)だ。選手たちが頑張ってるのは伝わってくるし内容も悪くないのにのに不思議なほど結果がついてこない...



スタメンはこういう感じ。前節から変更があったのは2人だけだ。フォーメーションはキックオフ時点では4-5-1だったように思うが、4-1-4-1の時間帯もあったかな。まあ流動的なのが素さん流だ。

トップはジャンボでトップ下?にカズ。中盤は左にうっちー、右に小野瀬、ボランチの位置に寺田と松下という構成。注目の最終ラインは普通に石油王・渡辺をCBに入れてきた。それ以外の顔ぶれは前節・前々節と同じく左SB森本、右SB武岡、CBに野上でGKが潤之介。

ピッチ上は立ち上がりから風が吹いており、とくに上空は強かった。それが前半は横浜FC側に、後半は福岡側にアゲインストだったけれども、強風での試合は今年だけでも4度めかな?さすがに慣れて大きな影響はなかっただろう。また、選手コメントにもあるように、福岡が高い位置から激しく来ることも裏を狙ってくるのはわかっていたことだ。にもかかわらず先に失点してしまったのが非常にもったいない。失点の場面はCKのクリアボールに対してラインを押し上げられずチェックに行ったのも確か一人だけだったが、まだ足が止まるような時間帯ではなかったので、畳み掛けるように攻撃を続けた福岡に対して守りに入ってしまった結果だろうか。

後半は終始こちらのペースでいつ点が入ってもおかしくない状況だった。あれだけチャンスを作ったのに点が取れなかったのはひとえに先制されたからだろう。1点リードという状況が福岡が守る上で半歩の差を生んだような気がする。先制されるとどうしても試合が難しくなるね...

そうはいっても悲観する内容ではないし、収穫もあった。永井がついに復帰!決定的なシュートを止められてしまったものの、股抜きパスや独特なリズムのドリブルで見せ場を作った。1トップは厳しいけど、田原や黒津と組んだら面白そう。次節も楽しみだ。3試合ぶりの黒津も出場時間はわずかだったが、DFラインとの駆け引きの上手さや一瞬の飛び出しはさすが。初登場の渡辺は最初のうち、ボールを被るなど緊張か試合勘かヒヤっとするシーンもあったけどそれ以降は安定していた。スンジンや森下と比べるのはもう2試合くらい後かな。どういうプレーに強いのか、1試合だけでは(素人目線では)わからなかった。SB武岡も徐々にバランスが取れてきた。対人はもともと強くて簡単には抜かれないのだから、背後のスペースをCBと連携して埋められてばそう簡単にはやられない。守備一辺倒ではなく攻撃面でも効いていた。後半のチャンスは上がった武岡へのフィードから始まるパターンが一番多かったんじゃなかろうか。

1/3を消化して既に6敗。何が起こるかわからないとはいえ優勝はかなり遠のいた。13節終了時点で昨年より勝ち点では4多く、敗けは1つ少ない状態ではあるが、昨年は14節から6連勝したことを思うとプレーオフ出場にも黄信号が灯っている。しかし諦めず腐らず1つずつ積み上げていくしかない。まずはホーム初勝利。次節愛媛戦でこれを是が非でもクリアしたい。これを逃すと次のホームゲームは6月だし。

以下試合とあんまり関係ない話。

急なことで写真撮影できなかったのだけど、福岡のプシュニク監督が開場直後のピッチ上を彷徨っていた。最初バックスタンド側へ来てから、アウェイゴール裏へ。福岡サポーターに手を降ったり。お茶目な監督だ。

シーガルズのユニフォームお披露目イベント。例によってタモさんとキャプテンの挨拶があったのに、デジカメがエラーを出しまくって写真を取れず...撮れたのは写真撮影時の後ろ姿だけ


こどもの日(近辺)ということで、選手によるトークショー(子供達の質問になんでも答える)があった。

参加選手は西嶋と中里。怪我の西嶋はともかく、中里はそんなところに居るべき選手ではない...すげー面白いからトークショーには適任だけどね!

色んな意味で有名な福岡サポの写真から二枚。盟主と国民栄誉賞。


九州から来るだけでも一苦労なのにちゃんと仕込んでくるのだから凄い。かなわんわー。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ

第13節スタメン予想! #yokohamafc

中2日の福岡戦。前節はアウェイと行っても近場だったので疲労面では遠距離移動の福岡より有利なはず。問題は怪我人続出のディフェンスライン。なんとか4バックを作って固く行くのか、3バックで中盤を厚くして守備負担を軽くしていくのか。

スタメン予想はこんな感じ。4バック2ボランチの4-5-1だ。

トップはジャンボ。前節フル出場だったので疲れては居るだろうけれども、5試合で4点・チーム得点王のジャンボは外せない。中盤は左に好調を維持してるノザ、右にキレキレだった小野瀬、トップ下にうっちー、2ボランチにケンスケと松下。うっちーは前節、出場時間は短かったが結果を出した。怪我がよくなってるのであれば先発で見たい。ボランチは高地と迷うところだけど、期待を込めてケンスケで。勝ち試合に先発できなかった悔しさをもって奮起してもらいたい。出たり出なかったりという選手で終わってもらっては困るよ!

最終ラインは悩ましい。CBをどうするかがまず問題。普通に考えると野上の相方は渡辺なんだけど、今季1試合も出てない渡辺が突然スタメン起用されるというのはなさそう。昨期CBをやってた森本の方が可能性は高い。そして森本をCBに入れるならば、左SBに人が居なくなる。ナカジが随分回復しては居るにしてもまだ試合には出られないだろう。ということで急増SB中里。確かTRMではやってるはず。ただ復帰が近いという噂があるのでもしかしたら西嶋かもしれない。GKは潤之介。薄氷を踏むような最終ラインを鉄壁にできるのは潤之介だろう。

サブは田原、黒津、寺田、青木くん、カズ辺り。フミンは前節を見る限りもう少し戦術理解度というのか、連動して動くための熟成期間が必要な感じがした。

今度こそ今季初の連勝、ホーム初勝利を!!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ

J2第12節(vs東京ヴェルディ) #yokohamafc

開幕戦以来の快勝。失点はしたけどセットプレーだし、終始安心して観ていられた。



スタメンはメンバーだけ見ると前節とほぼ同じだけれども、フォーメーションは4-4-2(または4-4-1-1)という感じに。

前線にはジャンボと今期初先発のカズ。ただ、カズは前線で張るというよりはやや下がり目で、攻撃時はボールを受けて散らし、守備時は相手のキープレイヤーにしつこくチェックに行くといった役割だったようだ。実際カズの献身的なチェックはかなり効いていたように思う。中盤は左にノザ、右に小野瀬。2ボランチに寺田と松下という布陣。ただノザと小野瀬は流動的にポジションチェンジするので左右にはあまり意味がなさそう。最終ラインは前節と同じ。井手口や渡辺は怪我人でDFが逼迫した状態でも出られないくらいなんだ...というのは少し気になる。GKは潤之介。専門でない武岡がSBをやる都合上、潤之介のコーチングが求められるということだそう。

試合は立ち上がりから横浜が攻めの形を作っていた。この日は小野瀬がドリブル、クロスともに切れていて小野瀬がボールを持てばチャンスになるといった様相。ジャンボも良くて後半足が止まり始めるまでは競り合いで勝ち続けた。1点め、2点めともにこの二人から生まれたのは必然と言えるだろう。1点目のクロスは二人の約束事、ファーにジャンボが見えたら上げろというのがそのまま得点になり、2点めはジャンボに競り合いで負け続けた金鐘必が思わず手でボールを止めてしまったことによるPKだ。3点目はラッキーな面もあったけれども、うっちーが良く見てたし諦めなかったことがチャンスを生んだ形。もしかしたらアップしながら試合を見て、狙い目だと思っていたのかもしれない。

失点の場面はカズのコメントにもあるようにあちらの時間帯だった。スンジンが怪我で退いたところを松下が埋めた急増3バックにJデビューのフミンが入ってバランスを欠いていたのだからある程度は仕方ないかな。セットプレーでスンジンも森下も居ないのは正直キツイ。最終的に競り合ったのは森本だったと思うけど、走りこんできた相手とじゃ高さで勝てないわけで、あそこに走られた時点で勝負あり。しかしそれ以外のヴェルディの攻撃は正直怖くなかった。なんというのか攻撃が綺麗。決められた形でそのままやってきてるなあという印象だった。泥臭くさくしつこく何が起こるかわからないプレーを見せたのは最後に出てきた巻くらいじゃないかな。高原ってあんな選手だったっけなあ...

中2日の福岡戦に向けて問題なのはいよいよ頭数すら足りなくなった最終ライン。ブログを見る限りスンジンは厳しそう。捻挫だとすれば2日では思うようなプレーができるところまでは回復しない...森下・西嶋・市村のうち誰か一人でも戻ってきてくれればなあ。せっかく上向いてきたところなのに、怪我人続出でDFラインが崩壊するのは悔しすぎる。ここは素さんの腕の見せ所だね。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ

第12節スタメン予想! #yokohamafc

ヴェルディ戦。「強力な攻撃陣に急増ディフェンスラインでどう対処するか」というのがまず考えなくてはならないことだろう。リーグ最少失点を誇る守備陣から点を取るというのはその次の課題で。

スタメン予想はこんな感じ。4-5-1

最終ラインはGK含めて前節と同じ顔ぶれ。武岡の守備は怖いけれども、右SBの他の選択肢というと井手口くらい。しかし井手口は山形戦を見るに、攻撃面を切り捨ててまで起用するほど信用はおけないなあという印象。それならば潤之介のコーチングを信じたい。武岡は運動量があるからうまくはまれば去年の巧のような役割が期待できるはず!渡辺をCBにして右サイド野上というのも考えたけど、前節DFが明らかに足りない状態でもベンチに入ってなかったことを考えるとスタメンはなさそう。

1トップはジャンボにしてみたがあまり自信はない。水戸戦で特別良かったわけでも点を取ったわけでもないので、田原や黒津がスタメンでもおかしくない。中盤は右に青木くん、左にノザ。真ん中にケンスケと寺田。1ボランチに松下。ノザと青木くんは前節良かったのでスタメンで見たい。高地も効いてはいたけど中4日は厳しいかなあ。とはいってもケンスケは前節ベンチ外。もし怪我なら中里かな。松下は前節良かったし、素さんは外すつもりなさそうなので。

サブは田原、黒津、カズ、小野瀬辺り。前節のことがあるから後半リードしてたらカズ投入はあるかもしれない。サッカーを良く知る選手が居たほうが変な失点は避けられると思う。

勝つならば1点勝負。前半失点せずに行けば勝機はある。バイエルンばりの守備を魅せてくれ潤之介。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
PR広告
FC2動画
プロフィール

ykhmfst

Author:ykhmfst
プログラムとその周辺技術、Web技術、ゲーム、4コマ漫画、サッカーと横浜FC、そして自由のために奔走する日々を徒然と


最新記事
過去の書庫
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ
J2白書〈2013〉
J2白書〈2013〉
J’s GOAL J2ライター班
東邦出版 2014-01-23
カテゴリ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。