自由に生きるために奔走する毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第9節(vsV・ファーレン長崎) #yokohamafc

逆転負け。ホーム初勝利が遠い。


スタメン。立ち上がりはこういう感じだった。

メンバーは前節と全く同じ。武岡の膝は大丈夫のようだ。まずは一安心。

序盤は長崎のペースで試合が進んだ。予想していたとおり良く走り、球際が強い。セカンドボールを片っ端から拾われていたがこれは運動量の問題だけではないだろう。ガムシャラに走るのではなく、練習に裏付けされた規律の守られた連動がベースにあったように思う。

ゴールキックの競り合いからのこぼれ球すら拾われてしまうのでどうにもこうにもペースが掴めない。好調を維持しているケンスケの鋭い出足と読みでボールを奪うシーンが何回かあったが、溜めずにすぐに出してボールがタッチを割ってしまう。周りは感じていないし、パスも雑だった印象。ボールを保持する時間が短く苦しい展開となった。

ただ、ジャンボ・黒津・武岡がポジションチェンジを繰り返すうち、少しずつ前線でボールが持てるようになって来た。ケンスケからのボールもサイドに出るようになり、何度か繰り返す中で先制点が生まれた。ケンスケから開いた武岡へ、そして武岡からのドンピシャクロスがジャンボに入ってヘディング一閃。気持ちのいいゴールだった。

夜風の気持ちいい三ツ沢のナイトゲームの素晴らしさを感じていた矢先にアクシデント。西嶋が脚を痛めてピッチの外へ。足を攣っただけのように見えたのに戻ってくる気配がない。どうもダメみたいだ。けれども交代選手が入る様子がない。横浜側のゴールキックになった際、すぐに蹴らず選手達は交代選手が入るのを待っているように見えたが準備していた中里が引っ込んでしまった。代わりにユニフォーム姿になった小野瀬が指示を受けている。結局10人のまま柴崎のゴールキックで試合が再開し、直後に失点...監督のインタビューにあったようにこれは判断ミスだと思う。ただでさえ激しく来る長崎相手に敢えて10人の時間を続けるというのは解せない。松下が最終ラインに入って対処していたがどうにもばたついてた。

残念な形で失点した後、小野瀬が交代で入った。最終ラインは左に森下、右に武岡、CBがスンジン・野上という形に。右SB武岡はTRMではやっていた形だし、予想スタメンでは期待を込めて何度か書いてみたが実際やってみると厳しい...緊急登板となれば尚更だ。守備面もそうだが点を取りに行かなければならないのに推進力が落ちてしまったのが一番痛い。結果的に押し込まれる形になり、2点めを献上してしまった。

アクシデントがなかったら...せめてすぐに中里が左SBに入っていれば...とどうしてもタラレバに走ってしまう残念な負け方だった。しかし中3日ですぐに神戸戦が来る。西嶋の代役をどうするのか。森下は大丈夫だと行っていたが、フル出場できるのか。不安は尽きないが素さんと選手たちを信じてニッパツ三ツ沢で声援を送りたい。

個人的MVPはケンスケ。スタメン予想で中里の方が安定してると書いたが非常に失礼な話だった。松下が攻撃面で冴えない中、目を見張る働きを見せた。序盤は残念なパスもあったが試合中に修正されて、後半は本当に頼もしかった。あとは武岡も目立っていた。膝の怪我も中2日の日程も感じさせないフィジカルの強さを何度も見せた。二人引きつけてボールを奪われずに交わしてパスまで出せる。相手からしたらさぞ脅威だろう。松下は疲れているのか考えすぎてるのかちょっと不安になるようなミスや精度の低いキックがあった。ポストを叩いたFKは見事だったけれどそれくらいじゃなかったかなあ。狙われるし負担が多いし大変な役割だとは思うけれどもここでレベルアップして見返してほしいところ。

それにしても高木監督率いる長崎。なんとなく2006年を思い起こさせる。さすがに優勝はないとしても台風の目になりそうだ。まあアウェイで借りは返すけどな。

最後に問題の乱入騒ぎ。乱入については論外。その前にあった野次や罵声もサポーターとしてやるべきことではない。断じて。愛してるからこそみたいな言い訳も目にしたが、それは体罰教師やDV男、虐待親の言い分と何ら変わらない。「愛とは 信じ、待ち、許してやること」という某ドラマのセリフがあるがその通りだと思う。あとはこれかな。




にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
PR広告
FC2動画
プロフィール

ykhmfst

Author:ykhmfst
プログラムとその周辺技術、Web技術、ゲーム、4コマ漫画、サッカーと横浜FC、そして自由のために奔走する日々を徒然と


最新記事
過去の書庫
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ
J2白書〈2013〉
J2白書〈2013〉
J’s GOAL J2ライター班
東邦出版 2014-01-23
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。