自由に生きるために奔走する毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第12節(vs東京ヴェルディ) #yokohamafc

開幕戦以来の快勝。失点はしたけどセットプレーだし、終始安心して観ていられた。



スタメンはメンバーだけ見ると前節とほぼ同じだけれども、フォーメーションは4-4-2(または4-4-1-1)という感じに。

前線にはジャンボと今期初先発のカズ。ただ、カズは前線で張るというよりはやや下がり目で、攻撃時はボールを受けて散らし、守備時は相手のキープレイヤーにしつこくチェックに行くといった役割だったようだ。実際カズの献身的なチェックはかなり効いていたように思う。中盤は左にノザ、右に小野瀬。2ボランチに寺田と松下という布陣。ただノザと小野瀬は流動的にポジションチェンジするので左右にはあまり意味がなさそう。最終ラインは前節と同じ。井手口や渡辺は怪我人でDFが逼迫した状態でも出られないくらいなんだ...というのは少し気になる。GKは潤之介。専門でない武岡がSBをやる都合上、潤之介のコーチングが求められるということだそう。

試合は立ち上がりから横浜が攻めの形を作っていた。この日は小野瀬がドリブル、クロスともに切れていて小野瀬がボールを持てばチャンスになるといった様相。ジャンボも良くて後半足が止まり始めるまでは競り合いで勝ち続けた。1点め、2点めともにこの二人から生まれたのは必然と言えるだろう。1点目のクロスは二人の約束事、ファーにジャンボが見えたら上げろというのがそのまま得点になり、2点めはジャンボに競り合いで負け続けた金鐘必が思わず手でボールを止めてしまったことによるPKだ。3点目はラッキーな面もあったけれども、うっちーが良く見てたし諦めなかったことがチャンスを生んだ形。もしかしたらアップしながら試合を見て、狙い目だと思っていたのかもしれない。

失点の場面はカズのコメントにもあるようにあちらの時間帯だった。スンジンが怪我で退いたところを松下が埋めた急増3バックにJデビューのフミンが入ってバランスを欠いていたのだからある程度は仕方ないかな。セットプレーでスンジンも森下も居ないのは正直キツイ。最終的に競り合ったのは森本だったと思うけど、走りこんできた相手とじゃ高さで勝てないわけで、あそこに走られた時点で勝負あり。しかしそれ以外のヴェルディの攻撃は正直怖くなかった。なんというのか攻撃が綺麗。決められた形でそのままやってきてるなあという印象だった。泥臭くさくしつこく何が起こるかわからないプレーを見せたのは最後に出てきた巻くらいじゃないかな。高原ってあんな選手だったっけなあ...

中2日の福岡戦に向けて問題なのはいよいよ頭数すら足りなくなった最終ライン。ブログを見る限りスンジンは厳しそう。捻挫だとすれば2日では思うようなプレーができるところまでは回復しない...森下・西嶋・市村のうち誰か一人でも戻ってきてくれればなあ。せっかく上向いてきたところなのに、怪我人続出でDFラインが崩壊するのは悔しすぎる。ここは素さんの腕の見せ所だね。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
PR広告
FC2動画
プロフィール

ykhmfst

Author:ykhmfst
プログラムとその周辺技術、Web技術、ゲーム、4コマ漫画、サッカーと横浜FC、そして自由のために奔走する日々を徒然と


最新記事
過去の書庫
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ
J2白書〈2013〉
J2白書〈2013〉
J’s GOAL J2ライター班
東邦出版 2014-01-23
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。