自由に生きるために奔走する毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第13節(vsアビスパ福岡) #yokohamafc

ホーム初勝利にはまたしても届かなかった。これでホームは2分4敗(3連敗)だ。選手たちが頑張ってるのは伝わってくるし内容も悪くないのにのに不思議なほど結果がついてこない...



スタメンはこういう感じ。前節から変更があったのは2人だけだ。フォーメーションはキックオフ時点では4-5-1だったように思うが、4-1-4-1の時間帯もあったかな。まあ流動的なのが素さん流だ。

トップはジャンボでトップ下?にカズ。中盤は左にうっちー、右に小野瀬、ボランチの位置に寺田と松下という構成。注目の最終ラインは普通に石油王・渡辺をCBに入れてきた。それ以外の顔ぶれは前節・前々節と同じく左SB森本、右SB武岡、CBに野上でGKが潤之介。

ピッチ上は立ち上がりから風が吹いており、とくに上空は強かった。それが前半は横浜FC側に、後半は福岡側にアゲインストだったけれども、強風での試合は今年だけでも4度めかな?さすがに慣れて大きな影響はなかっただろう。また、選手コメントにもあるように、福岡が高い位置から激しく来ることも裏を狙ってくるのはわかっていたことだ。にもかかわらず先に失点してしまったのが非常にもったいない。失点の場面はCKのクリアボールに対してラインを押し上げられずチェックに行ったのも確か一人だけだったが、まだ足が止まるような時間帯ではなかったので、畳み掛けるように攻撃を続けた福岡に対して守りに入ってしまった結果だろうか。

後半は終始こちらのペースでいつ点が入ってもおかしくない状況だった。あれだけチャンスを作ったのに点が取れなかったのはひとえに先制されたからだろう。1点リードという状況が福岡が守る上で半歩の差を生んだような気がする。先制されるとどうしても試合が難しくなるね...

そうはいっても悲観する内容ではないし、収穫もあった。永井がついに復帰!決定的なシュートを止められてしまったものの、股抜きパスや独特なリズムのドリブルで見せ場を作った。1トップは厳しいけど、田原や黒津と組んだら面白そう。次節も楽しみだ。3試合ぶりの黒津も出場時間はわずかだったが、DFラインとの駆け引きの上手さや一瞬の飛び出しはさすが。初登場の渡辺は最初のうち、ボールを被るなど緊張か試合勘かヒヤっとするシーンもあったけどそれ以降は安定していた。スンジンや森下と比べるのはもう2試合くらい後かな。どういうプレーに強いのか、1試合だけでは(素人目線では)わからなかった。SB武岡も徐々にバランスが取れてきた。対人はもともと強くて簡単には抜かれないのだから、背後のスペースをCBと連携して埋められてばそう簡単にはやられない。守備一辺倒ではなく攻撃面でも効いていた。後半のチャンスは上がった武岡へのフィードから始まるパターンが一番多かったんじゃなかろうか。

1/3を消化して既に6敗。何が起こるかわからないとはいえ優勝はかなり遠のいた。13節終了時点で昨年より勝ち点では4多く、敗けは1つ少ない状態ではあるが、昨年は14節から6連勝したことを思うとプレーオフ出場にも黄信号が灯っている。しかし諦めず腐らず1つずつ積み上げていくしかない。まずはホーム初勝利。次節愛媛戦でこれを是が非でもクリアしたい。これを逃すと次のホームゲームは6月だし。

以下試合とあんまり関係ない話。

急なことで写真撮影できなかったのだけど、福岡のプシュニク監督が開場直後のピッチ上を彷徨っていた。最初バックスタンド側へ来てから、アウェイゴール裏へ。福岡サポーターに手を降ったり。お茶目な監督だ。

シーガルズのユニフォームお披露目イベント。例によってタモさんとキャプテンの挨拶があったのに、デジカメがエラーを出しまくって写真を取れず...撮れたのは写真撮影時の後ろ姿だけ


こどもの日(近辺)ということで、選手によるトークショー(子供達の質問になんでも答える)があった。

参加選手は西嶋と中里。怪我の西嶋はともかく、中里はそんなところに居るべき選手ではない...すげー面白いからトークショーには適任だけどね!

色んな意味で有名な福岡サポの写真から二枚。盟主と国民栄誉賞。


九州から来るだけでも一苦労なのにちゃんと仕込んでくるのだから凄い。かなわんわー。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
PR広告
FC2動画
プロフィール

ykhmfst

Author:ykhmfst
プログラムとその周辺技術、Web技術、ゲーム、4コマ漫画、サッカーと横浜FC、そして自由のために奔走する日々を徒然と


最新記事
過去の書庫
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ
J2白書〈2013〉
J2白書〈2013〉
J’s GOAL J2ライター班
東邦出版 2014-01-23
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。