自由に生きるために奔走する毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第15節(vsギラヴァンツ北九州) #yokohamafc

攻撃がうまく行かない中、エアポケット的に先制したものの追いつかれてドロー。惜しいというよりは落ちていた勝ちを拾い損ねたという感じ。

スタメンはこうだったかな

1トップにジャンボ。中盤は左にうっちー、右に黒津、真ん中に寺田とカズ、1ボランチに松下。最終ラインは左が西嶋、右が武岡、CBに野上とスンジン、GKに潤之介という形になった。森下は間に合わなかったがスンジンが返ってきたのは嬉しい報せ。最終ラインが揃うまであと少しの辛抱...

序盤から我慢の展開。オオシと池元のFWコンビに渡が絡んで攻撃の形を作られ、受けに回る時間が多かったように思う。いざこちらのボールになってもそこから攻撃に至らず、出し手と受け手の呼吸が合わないパスがタッチを割ったり奪われたりというよく見る形で立て直す切欠を自ら手放していた。そんな状態なのでシュートらしいシュートも殆どなく、しかし北九州も最後のところの怖さがなく、どちらも点が入りそうにない中で生まれたジャンボのゴール。それまできっちり引いて守っていた北九州がなぜか上がってきた西嶋に簡単にクロスを上げさせてくれ、CBのナベともう一人はニアに引っ張られていたのでファーからズドンと。ラッキーな形?で先制点が生まれた。久々の公式戦にもかかわらず西嶋のクロスの精度が高くてびっくりした。

しかし勝ち切れない。リードしているのだからもっと落ち着いてやればいいのに、と端から見てると思ってしまうのだけど結果が出てない時はこういうものなのか。松下の不用意なタックルでファールを取られてFKから失点。前半はたびたびボール奪取してただけにもったいない。池元のドリブルは脅威だけれども。

追いつかれた後は点が入る気配はなく、というかいい形の攻撃すらなく、危険なシーンをかろうじて回避してなんとか負けなかった。ドローで済んだ。という有様。元所属選手の元気な姿を観られたことだけが救い。

次節は好調栃木とのアウェーゲーム。森下が復帰すれば最終ラインはようやく戻るけど、今はそこよりも中盤の運動量と連動性が課題かなあ。決して悪くはないけどなんか噛み合ってない。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
PR広告
FC2動画
プロフィール

ykhmfst

Author:ykhmfst
プログラムとその周辺技術、Web技術、ゲーム、4コマ漫画、サッカーと横浜FC、そして自由のために奔走する日々を徒然と


最新記事
過去の書庫
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ
J2白書〈2013〉
J2白書〈2013〉
J’s GOAL J2ライター班
東邦出版 2014-01-23
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。