自由に生きるために奔走する毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 J1昇格プレーオフ決勝戦

プレーオフ決勝を国立まで観に行ってきた。

同じJ2後発組、そしてスンジン・西嶋の前所属ということで縁を感じたので、徳島ゴール裏にお邪魔させて頂いて。しかしながらレプユニもタオマフも持ってないしチャントも全然わからないので隅っこの方にひっそりと。寒いのでブランケットと手袋はうちのやつで許してねって感じで。同じ青系統なので...




サポーターの数は徳島のほうが多かった様子。チケットがアウェイ側指定だけ土曜の時点で売り切れてたし、見た目にも青が多かった。まあ初昇格がかかった徳島の方が気合入るのは当然かもしれないけれども。

試合はうちに負けるときの京都、悪い時の京都そのままだった印象。繋いでばかりで最後のパスがなかなか出ない。サイドからえぐっても最後はゴール正面の選手にボールが出してくることが殆ど。ボールを奪っても追い抜いていく選手が少なく、横パスばかりで速攻にならない。遠目からシュートを打たない。ロングボールを蹴らない。

これに対して、徳島は前半はあまり前に出ることをせず千代反田を中心にゴール前をしっかり固めてきた。勝たなければならないにもかかわらず。ドウグラスをケガで欠いたせいなのか、割り切った京都対策なのか。しかしこれが奏功してチャンスを何度作られてもゴールを割らせず、逆に少ないチャンスからセットプレーとカウンターで2得点。前半でほぼ試合が決まってしまった。

こうなると京都は辛い。セットプレーに強みがないし、パワープレー要員も居ない。そもそもそういうサッカーをしないのが大木サッカー。後半徳島が前に出てきてスペースができた時に1点でも返せればあるいは、といったくらい。でもあの時間帯はむしろ3点目取られなくて良かったねという状況だったように思う。

リーグ戦では上位に来られても、一発勝負向きではないよね大木サッカー。引き分けでいいのにガンガン前に出てきちゃうんだもの。

攻勢に出ているからといって決して優勢であるわけではなくむしろそういう時間帯に失点することが多い、というのが(素さんの総括にあったように)今期の横浜FC。特に前半戦。今日のPO決勝はまさにそういう試合だった。こういう試合を勝ち上がるには強引にでも前を向いてシュートを打てる選手が必要だな、と思った次第。ダヴィとか千葉の田中みたいな。もしくは松本レベルの強力なセットプレー。


徳島は本当におめでとう。四国初J1ということでリーグ全体が盛り上がるといいな。
「4位からの昇格」って聞くと去年を思い出してムキーってなるけどな!!!

にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
PR広告
FC2動画
プロフィール

ykhmfst

Author:ykhmfst
プログラムとその周辺技術、Web技術、ゲーム、4コマ漫画、サッカーと横浜FC、そして自由のために奔走する日々を徒然と


最新記事
過去の書庫
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ
J2白書〈2013〉
J2白書〈2013〉
J’s GOAL J2ライター班
東邦出版 2014-01-23
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。