自由に生きるために奔走する毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28年目の真実

つい1週間ほど前、フレッツ光メンバーズクラブのキャンペーン
バーチャルコンソール版のスーパーマリオの引換コードが貰えると聞いてDLしてきた

27年前、1985年
誰も彼もが夢中になっていた「スーパーマリオブラザーズ」
次第にクリアできるのが当たり前になっていき、自分だけが取り残された

2-1、4-2でワープする最短ルートを使っても、8-1がクリアできない
(その後出た2に至っては、1-1すらクリアできなかった)

「ジャンプ距離がボタンの押す長さで大きく変わる」
「惰性で滑る」
この2点が難易度の理由
わかっちゃいるがうまく操作できない
苦手意識が植え付けられ、その後永らくプレイすることはなかった

27年ぶりのリベンジ
ただプレイしてもクリアできないことはわかっているので
最初に何回かプレイしてやられ方を分析してみた

圧倒的に多いのが"踏み損ない"
敵を踏もうとして逆にあたってしまうパターン
次が"Bダッシュのミス"
Bダッシュジャンプで勢い余って落下したり、敵に当たったり

この2点だけ気をつければ良かったのだ
28年目にしてようやく気づいた
敵は踏まずに交わす、Bダッシュは必須の場面でなければ使わない
これだけで凡ミスがほとんどなくなった

あとは難所をパターン化するだけ
幸い、バーチャルコンソールは「まるごと保存」ができるので
難所の前に保存してパターン化に勤しんだ

その結果がこれ
ゲームが苦手でもスーパーマリオはクリアできるはず

なんとか最短ルートではあるが、ノーミスクリアできるようになった
もちろんクリアできないことのほうが多いのだが...

もし他にもスーパーマリオをクリアできなかった人が居たら参考にしていただきたい
下手な人間がミスするポイントを抑えてあるはずだから
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。