自由に生きるために奔走する毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2第3節(vsガンバ大阪) #yokohamafc

大一番のガンバ戦は0-0のドロー。贔屓目もあるだろうけれども勝てる試合だったと思う。

スタメンはこういう感じ

MF・FWは前節と同じメンバー。ツインタワーにはしてこなかった。期待していた黒津・永井はシーガルズのTRM見学のために行った西谷で練習していたので遠征しないことがその時点でわかってしまいちょっとがっかり。最終ラインはCBに森下で右SBに野上。森下の復帰もあるが、市村がどうも怪我らしくこういう形になったようだ。市村も西谷に居たので最終ラインはどうなるかと思っていたが野上をSBとして起用してきた。GKはいつもどおり柴崎。

試合の方はガンバが仕掛けて横浜FCが受けるという形で始まった。遠藤をどうするのかと思って観てたけれども、誰かが潰しにいくというようりは、中盤ではやらせておいて最後のところで守るという方針に見えた。レアンドロや倉田が危険な位置でボールを受けても、スンジン・森下が文字通り身体を張って防いでいた。攻撃の方は松下にボールが入るとすぐにプレッシャーがかかり、なかなかうまく配球できていなかった。寺田が気を吐くも後が続かず。前半はシュートも少なくほぼノーチャンスだったかな。高地が消えていたなあという印象。

ただ恐らくはこの展開は素さんの絵図通りだったのだと思う。前半は耐えしのいで、後半少ないチャンスで点を取りたいという目論見。残念ながら精度の問題でゴールは生まれなかったが、後半途中から疲れてきたガンバのボールを高い位置で奪ってのカウンターを何度も見せた。後半途中から出てくる田原はガンバを持ってしても脅威で、さすがに過去二試合のようにボールを収めまくることは難しかったけれども、半分くらいは勝てていたのではないだろうか。ラストパスの精度さえあれば...と思わずには居られない。野崎も武岡も奪って仕掛けるところまでは本当に素晴らしかっただけに。西嶋のバイシクルが一番惜しかった。徳島戦でも惜しいシュートがあったし、1点決めたら勢いに乗りそうな気がするんだけどなあ。

何にしても観ごたえのある試合だった。前節で懸念のあった守備陣の連携は急増SBの野上を含めて非常に良かったと思う。何より集中してたし、気迫を感じた。警告でないかヒヤヒヤもしたけれども、野上が岩下に突っかかっていた場面は頼もしくもあった。J1からの誘いを蹴ってうちに来てくれたという野上だけにガンバに対しては負けてられないという想いもあるのだろうか。

次は中2日で草津戦。スンジンが二川におもいっきり蹴られてたのでちょっと心配。とはいえ大事を取って休めるくらいCBは充実してるので大丈夫だろう。森下と野上をCBにして、右は井手口が入れば十分戦える。CBだけでなく,どのポジションも今年は充実してるのでもしかしたら半分くらいメンバーが入れ替わるかもしれない。FWは田原はもちろん復帰した黒津に春休み中のカイオ。初ベンチ入りした青木くんに永井も。MFは小野瀬、ノザ、ケンスケ、渡辺、中里。ソンスやフミンも居る。全員入れ替えてもやれるくら選手層は厚い。草津からしっかり勝ち点3を獲って、神戸を独走させないようにしたい。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜FCへ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
PR広告
FC2動画
プロフィール

ykhmfst

Author:ykhmfst
プログラムとその周辺技術、Web技術、ゲーム、4コマ漫画、サッカーと横浜FC、そして自由のために奔走する日々を徒然と


最新記事
過去の書庫
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ
J2白書〈2013〉
J2白書〈2013〉
J’s GOAL J2ライター班
東邦出版 2014-01-23
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。